1. ホーム>
  2. プラセンタについて>
  3. プラセンタの働き

プラセンタについて

プラセンタの働き

最も注目されている若返りの効果

プラセンタには様々な効果が期待できますが、最も注目されているのが若返りの効果です。
多くの女性が、この効果を求めてプラセンタを利用しています。詳しいメカニズムは未だ解明されてはいませんが、プラセンタに含まれる多くの栄養素や生理活性物質によってもたらされていると考えられています。

アンチエイジングに最適な効果

アンチエイジングという言葉があります。 日本語に訳せば『抗加齢』、誰もが願う、『いつまでも若くありたい』という気持ちを表した言葉です。 アンチエイジングには「抗酸化」「ホルモン調節」「抗ストレス」といった要素が重要になりますが、プラセンタはこのアンチエイジングに最適な効果を発揮します。

抗酸化作用

プラセンタの有名な作用として、「抗酸化」作用があります。そもそも、酸化とは体の中で栄養素と結びついてエネルギーを作り出すはずの酸素が、使われなかった余分な体内の各種の細胞や臓器を「さび付いた状態」にしてしまうことです。その結果として組織が正常な働きが出来なくなり、糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下などの生活習慣病といわれる問題が起きてしまうと言われています。プラセンタは高い「抗酸化」作用を持つことが研究で分かっています。ちなみに抗酸化作用をもつ成分としてビタミンCやE、アントシアニン、イソフラボン等が有名です。

活性酸素を除去する力

活性酸素とは体内に入ってきたウイルスや有害細菌を殺して身体を守るものです。また、体内の酵素反応を促進し、細胞内での情報伝達の働きをする体内に必要不可欠なものです。しかし、体内に過剰に発生すると、細胞を傷つけ、身体を錆びさせ、肌老化や体調不良の原因になります。プラセンタは体内で過剰に発生した活性酸素を除去する「活性酸素除去作用」作用を持つので、体に良い影響を与えます。

ホルモンバランスを整える力

ホルモンバランスは不規則な生活、ストレス、お酒、喫煙、過度なダイエット、運動不足などによって崩れてしまうことがあります。これは身体に悪影響を与え、老化を促進させる恐れがあります。プラセンタにはホルモンを適正な状態にする「ホルモン調節」の働きがあり、身体への悪影響を取り除くと共に、アンチエイジングとしての効果が見込めます。
さらに精神を安定させる「抗ストレス」の効果もあると言われていますので、現代人の強い味方であると言えるでしょう。
また、疲労回復や肝臓機能の改善などの効能もあり、女性だけでなく男性にも効果があることがわかります。
プラセンタはまさに今一番注目されるアンチエイジンググッズなのです。

プラセンタの効果一覧

以下の働きがあることが多くの研究者によって解明されています。

プラセンタ効果 免疫賦活 抗炎症 活性酸素除去 基礎代謝向上 内分泌調整 血圧調整 疲労回復 強肝・解毒 血行促進 細胞賦活 抗アレルギー 創傷回復促進 体質改善
美容効果 美白 ターンオーバー促進 抗アレルギー 抗炎症 ニキビ